低用量ピル個人輸入代行の通販ランキング

トリキュラーED(Triquilar ED)

もっともポピュラーな低用量ピル

トリキュラーEDは、自然なホルモン分泌パターンに似せて、薬の総含有量を低く抑えている段階型三相性の低用量ピルで、日本国内処方の「トリキュラー」と同製品です。
卵胞ホルモン(エストロゲン)の配合量は21日間一定ですが、三相性の低用量ピルなので、黄体ホルモン(プロゲストーゲン)の配合量が6日→5日→10日と3段階に多くなっています。
トリキュラーEDは、21錠の低用量ピルと、毎日飲む習慣をつけるためのプラセボ(偽薬)付きの28錠タイプです。
オオサカ堂でこの商品を個人輸入すると、6シートで23.20ドルなので、産婦人科でも処方してもらうより遥かに安いです。
多分、6分の1ぐらいの価格だと思います。

マーベロン28(Marvelon28)

一相性ピルなので、飲み違える心配なし

マーベロン28は、男性ホルモン様作用の弱い第三世代の黄体ホルモンが配合された毎日飲む習慣をつけるためのプラセボ付き28錠入りの低用量ピルです。
プラセボが付いていない21錠タイプのマーベロン21(Marvelon21)もありますが、値段は同じなので、通常はマーベロン28でいいかと思います。
低容量ピルに慣れている場合は、プラセボ錠は飲まずに捨ててしまいがちなので、そういう場合は、21錠タイプでもいいですね。
マーベロンは、ホルモンバランス変化による体重変化や、ニキビの発生が少なく、不正出血を起こしにくいのが特徴です。
また、三相性の低容量ピルであるトリキュラーEDと違い、マーベロンはホルモン含有量が一定の一相性ピルなので、飲み間違えるなどの心配はありません。

ヤスミン(Yasmin)

最新の第四世代の低用量ピル

ヤスミン)は、21タブレットタイプの最新の第四世代低用量ピルです。
21錠タイプなので、トリキュラーEDやマーベロン28のように、7錠分のプラセボ錠は付いていません。
これまでのピルの副作用でみられた若干の体重増加をなくすことを重点に開発された新しいタイプの低容量ピルです。
第三世代以前と比較してホルモンバランスの変化による体重変化やニキビの発生率が少ないと言われています。
マーベロンと同様に、服用する錠剤のホルモン含有量が一定の一相性ピルなので、飲み間違えるなどの心配はありません。
トリキュラーやマーベロンに比べると若干割高ですが、体重の増加やニキビが気になる場合には、この新しいタイプの第四世代低用量ピルであるヤスミンを試してみるのもいいかと思います。

育毛・発毛剤ランキング